ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 備蓄中間点 | トップページ | 聖ヨハネの急流 »

2017年2月 4日 (土)

我が祖国

「我が祖国」は、スメタナ作曲連作交響詩のタイトル。交響詩というジャンルはリストが考案したものだから、スメタナはリストからの影響を色濃く受け継いだ作曲家という認識は間違いとは言えない。ブラームスから見ればあちら側の陣営だ。

我が祖国全体を貫く郷愁は、チェコ人であれば共通のものらしい。モルダウは、それがある種の普遍性を獲得してしまっているかのようだ。

こうした音楽史の基礎知識が一瞬で吹き飛んだ。

念願だったドヴォルザークの墓参りを済ませてそぞろ歩くうちに、緩い坂道を上りヴィシェフラド城の城壁の上にただどりついた。

あまりの絶景に息を呑んだ。

20161230_142039
眼下にはあのモルダウ川。訳もなく脳内にモルダウが鳴り出した。目頭がみるみる熱くなってゆく。

モルダウ川からこちらを見ればおそらく「高い城」に見えるはずだ。「ヴィシェフラド」の地名そのままだろう。

20161230_142357
「我が祖国」という作品はこの絶景が基礎になっているとつくづく感じた。この同じ景色をスメタナもドヴォルザークも眺めたことは確実で、背後の教会に二人とも埋葬されている。

大げさでもなんでもなくモルダウ観を変えざるを得ぬ体験。

« 備蓄中間点 | トップページ | 聖ヨハネの急流 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/64786665

この記事へのトラックバック一覧です: 我が祖国:

« 備蓄中間点 | トップページ | 聖ヨハネの急流 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ