ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 6大醸造所 | トップページ | もうひとつの墓参り »

2017年3月13日 (月)

頭端式

行きどまりの駅。できれば線路がズラリと横に並んでいるとうれしい。日本で思い出すのは門司港駅、阪急梅田駅が名高い。線路が一つ二つでは感じが出ない。ドイツにはかなりある。ハンブルクもミュンヘンもだ。地図で示すなら以下の通りだ。

20170208_214625
西から入った列車がそこで行き止まりになり東側に抜けられないという構造だ。行き止まりの向きについては、駅が建設された時の事情が色濃く反映する。バイエルン王国の首都ミュンヘンの中央駅が西に向かって開かれていることに他ならない。つまり鉄道でどことつながりたいのかということである。ウィーンやベルリンよりパリとつながりたかったということに他ならない。
20170102_075655_2
この感じが頭端式。線路の彼方にパリがあるということだ。

20170102_073424
1月2日朝、朝食後にミュンヘン中央駅をうろついた。三が日の概念がないドイツでは2日は普通の月曜日だと見えて通勤客が多かった。

20170102_075746
ハンブルク行のICE。いつかこれに乗ってハンブルクに行きたい。

20170102_075550_2
これはオーストリア国鉄。

« 6大醸造所 | トップページ | もうひとつの墓参り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/64834993

この記事へのトラックバック一覧です: 頭端式:

« 6大醸造所 | トップページ | もうひとつの墓参り »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ