ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地名と方言 | トップページ | 最後の授業 »

2017年6月 3日 (土)

ストラスブールの盟約

均分相続を遺言したカール大帝だが、崩御まで生き残った王子はルートヴィヒ敬虔王だけだった。だから問題は起きなかった。そのルートヴィヒ敬虔王が亡くなったときは王子が3人いた。フランク人の伝統とやらで均分相続が約束されたが、いざという時になって長男ロータルがこれを反古にしそうになった。次男シャルルと三男ルートヴィヒが長男に対抗して手を組んだというのが、本日のお題「ストラスブールの盟約」だ。現在はフランス領ストラスブールで取り交わされたからこの名前がある。

この時の宣誓方法が変わっている。次男シャルルと三男ルートヴィッヒが互いに相手の国の言葉で誓約したというのだ。う~んと簡単に申せば、フランス王シャルルがドイツ語で、ドイツ王ルートヴィヒがフランス語で誓約したということだ。相手の国の兵士たちにわからせるためとも言われているが、それはさておき西暦842年のその段階で、すでにフランスとドイツが別言語になっていたということが重要だ。

« 地名と方言 | トップページ | 最後の授業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/49760408

この記事へのトラックバック一覧です: ストラスブールの盟約:

« 地名と方言 | トップページ | 最後の授業 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ