ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 最後の授業 | トップページ | 文豪たちの話した言葉 »

2017年6月 5日 (月)

作曲家たちの母国語

日ごろ「ドイツの作曲家」として一括されている巨匠たちを方言の観点から分類してみる。

  1. ブラームス 西低地ドイツ方言の中の平地ドイツ方言 メンデルスゾーンも同じ。リューベックのウェーバーもここに入れてよいと思う。
  2. バッハ テューリンゲン方言 ツヴィッカウ生まれのシューマンもここに属するが、地域は同じでも時代が違うから言葉も少しは違っていたに決まっている。
  3. ベートーヴェン ミッテルフランケン語
  4. ブルッフ リブアリ語 オッフェンバックもここだが、彼はフランス滞在が長い。
  5. ワーグナー ザクセン語 ハレで生まれたヘンデルもここだ。
  6. Rシュトラウス ミュンヘン生まれの彼はバイエルン語

一方オーストリアの作曲家も言語としてはドイツ語だ。モーツアルト、シューベルト、ブルックナーが思い浮かぶ。オーストリアのドイツ語は基本的にはバイエルン方言の流れを汲むとされているが、ウィーンとザルツブルクでは別物と考えたほうがいい。ハンブルクからウィーンに出向いたブラームスは、当初いくらかは違和感があったと思われる。

このほかドイツ語を操ったと思われるのは、リスト、マーラー、ドヴォルザークがいる。

« 最後の授業 | トップページ | 文豪たちの話した言葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/49714055

この記事へのトラックバック一覧です: 作曲家たちの母国語:

« 最後の授業 | トップページ | 文豪たちの話した言葉 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ