ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 臨時記号 | トップページ | アナリーゼ不在 »

2017年8月24日 (木)

つくづく良かった

音楽の分野には、プロフェッショナルな人々が数多くいらっしゃる。

「演奏」「作曲」「教育」「楽理」の諸部門において、活動の対価を得ている人々だ。私はもちろんそれには該当しない。それだけならいいのだが、素人に特有のドロドロの劣等感がある。元は上手な人に対する強烈な憧れだが、最早きれい事ではない。

プロともなればどんな分野だろうと、相応の苦労があるに決まっているが、そういう面は見えていない。困ったものだ。

ブログ「ブラームスの辞書」をいくら続けても対価が得られる訳ではない。書籍「ブラームスの辞書」が売れれば代金が手許に入るが、これをもってプロと言えるかどうか怪しい。少なくとも飯は食えていないどころか、足しになっていないからだ。

それでもブログは止められない。因果なものだ。

一つだけ救いがある。

ブラームスを好きであることについては、プロアマの区別がないことだ。

« 臨時記号 | トップページ | アナリーゼ不在 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/46117244

この記事へのトラックバック一覧です: つくづく良かった:

« 臨時記号 | トップページ | アナリーゼ不在 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ