ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 絶対に解のある方程式 | トップページ | 奇遇の処理 »

2017年9月15日 (金)

最強の意思表示

ブログは粛々と運営するだけならIT系の知識が無くても済むし、お金もかからない。

コミュニケーションの双方向性が売りだ。コメントやトラックバックという機能がその代表である。リンクやトラックバックの連鎖で交流が広がってゆくのも見逃せない。炎上やスパムなどネガティブな面も伝えられるが、上手につきあえば有効なツールである。

双方向性が売りとはいえ、ブログ「ブラームスの辞書」に限れば、情報の発信の方に重心がかかっている。コメントやトラックバックを用いたコミュニケーションの盛り上がりでいうならまだまだ向上の余地がある。全ての訪問者が記事を読んでの感想をいちいち残してくれる訳ではない。昨今のブログパーツには、記事への賛意を表明するパーツもそろっているが、ブログ「ブラームスの辞書」では設置を見送っている。「拍手の強要」っぽい感じがして気が引けているというのが正直なところだ。お賽銭はギリギリのところである。

読者からの最強の意思表示は「また次もアクセスしてくれること」だと考える。「面白くなければアクセスしない」とも考えている。新規の訪問者を常連客に取り込んで、アスセスが厚みを増すことが、最強の意思表示だ。ブックマークからのアクセスが増えることもかなり強力なプラスの意思表示に見える。

こんなことが言えるのは充実したアクセス解析機能があればこそである。

« 絶対に解のある方程式 | トップページ | 奇遇の処理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/16055059

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の意思表示:

« 絶対に解のある方程式 | トップページ | 奇遇の処理 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ