ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シュパーテンの樽生で祝杯 | トップページ | ブルックナー »

2017年10月10日 (火)

ヴェルディ

ジョゼッペ・ヴェルディは1813年10月10日に生まれた。今日はお誕生日である。ブラームスより20歳年上。ご存知の通りのイタリアオペラ業界の重鎮だ。

ブラームスはこのヴェルディの作品が好きだったという。

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第1巻の125ページ。ヴィトマンの中に興味深い記述がある。ヴェルディの「レクイエム」について友人で指揮者のビューローと意見が食い違ったという話だ。ビューローはこの作品をけなしたが、ブラームスはピアノとヴォーカルスコアを一瞥して「まさに天才の作品だ」と称し「ビューローは恥さらしだ」と憤る。

自分と同じ庶民の出だということも親近感を増す要因だったらしい。

不思議なのは8回に及んだイタリア旅行なのに、その間本場のイタリアオペラを楽しんだ形跡がないことだ。友人のヴィトマンは、それらオペラの終演が大抵夜遅くになるからだとの見解を示している。

« シュパーテンの樽生で祝杯 | トップページ | ブルックナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルディ:

« シュパーテンの樽生で祝杯 | トップページ | ブルックナー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ