ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴェルディ | トップページ | ノーサイド »

2017年10月11日 (水)

ブルックナー

1896年10月11日ブルックナー没。本日は没後121年だ。

1860年代中盤から没するまでほぼウィーンを本拠に生活した。活躍の領域は交響曲に限定されると申して良い。ブラームスと同時代を同じウィーンで過ごした交響曲メーカーである。

にも関わらず、ブラームスの伝記を読む限り登場頻度が多いとは言えない。ブラームスの伝記には同時代の音楽家の話題が頻繁に現れるのにブルックナーは日陰の存在だ。欧州を2分した論争の当事者同士だから伝記上で話題にもなりそうなものだが勝手が違う。

プロテスタントのブラームスに対してブルックナーはカトリックだから教会に行っても会うことはなかったのだろう。プラハ在住のドヴォルザークの方がよほど話題に上っている。ブラームスの友人たちも気を遣ってブルックナーネタをブラームスに振らなかったのかもしれない。

それでもブルックナーの第7交響曲ホ長調のスコアがブラームスの遺品の中から発見されている。話題にはしないが研究は怠らなかったといったところか。

« ヴェルディ | トップページ | ノーサイド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルックナー:

« ヴェルディ | トップページ | ノーサイド »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ