ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 長い低迷 | トップページ | シュパーテンの樽生で祝杯 »

2017年10月 8日 (日)

コンクール

世の中、音楽コンクールが花盛りである。近頃増え過ぎたという批判めいた声もあるにはあるが、衰える気配も聞かない。コンクールの名前には2つの大きな系統がある。一つは「地名+コンクール」というパターンだ。「浜松」「リーズ」「ミュンヘン」などなどである。もう一つは言わずもがな。「作曲家名+コンクール」だ。「ショパンコンクール」「チャイコフスキーコンクール」「ブラームスコンクール」などなど、有名作曲家の名前はほとんど網羅しているのではないかとさえ思われる。コンクールの前に「国際」と入るのが正式名称だったりする。「村おこし」「街おこし」の感覚がありそうな気もする。

さて、地名を冠した方はともかく作曲家名を冠したコンクールにおける課題曲が、その作曲家の作品だけになっている訳でもない。その作曲家の作品だけが課題になるコンクール方がむしろ例外だろう。ショパンコンクールは、その例外の方だ。課題曲はショパンの作品に限定されていると聞く。ピアノの腕前もさることながら「ショパンの解釈」も試されるのだ。つまりショパンコンクールは5年に一度「世界一のショパン弾き」を決める大会のようなものだ。これはこれで、はっきりしていて気持ちがいい。

先程も言ったように、ショパンコンクールはむしろ例外だ。ブラームス国際コンクールという名のコンクールは実在するが、課題曲はブラームスだけではない。ブラームスにゆかりの場所で開かれはするが、課題曲はブラームスオンリーではないのだ。一部の楽器ではブラームスの作品が本選の課題曲になっていないケースもある。つまり「世界一のブラームス弾き」を決める大会としてはいささか心許ない。もちろん「屁理屈部門」などあるはずもない。何だかつまらない。

私がブラームスコンクールをデザインしてみたいものだ。たとえばピアノ部門ならば下記のように。

  • 一次予選 3曲のソナタの中から何か1曲。
  • 二次予選 変奏曲op9、op21-1、op21-2、op24、op35の中からどれか一曲を指定。
  • 三次予選 インテルメッツォ、カプリチオ、ラプソディー、バラード、ロマンスの中から自分で7曲を選んで演奏する
  • 本選 協奏曲をどちらか1曲

三次予選は、一人40分くらいだろう。選曲や配列のセンスも審査対象だ。歌曲の伴奏や二重奏室内楽も課題にしたいのだけれど、これはパートナーの出来にも左右されるので取り扱いが難しい。

なんだか審査員がやりたくなってきた。

« 長い低迷 | トップページ | シュパーテンの樽生で祝杯 »

コメント

<親0さま

ありがとうございます。注文通りの横綱相撲でした。

私は学生時代ボート部に所属し、色々な試合に出ていました。
競技の性格上、開催場所は限られるし、競技人口も少ないので、野球やサッカーと違い、雰囲気は音楽コンクールに似ていたような気がします。

日本学校合奏コンクール
「日本」地名➕「学校」団体➕「合奏」編成
分類からすると例外でしょうか?

楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンクール:

« 長い低迷 | トップページ | シュパーテンの樽生で祝杯 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ