ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 島原の乱 | トップページ | マッコークルの抄録 »

2017年12月12日 (火)

大作曲家とその時代

都内某書店で「ブラームスとその時代」という書籍を買い求めた。店頭で手に取って4500円をためらわずに支出した。2017年11月3日西村書店刊だから、出来立てのほやほやだ。クリスチャン・マルチン・シュミットというドイツの学者の著述を和訳したもの。

作曲家の伝記的事項に相応の配慮をしつつ、時代背景に切り込むというスタンスだ。民謡へのあたたかなまなざしも見て取れる。WoO33を背負う「49のドイツ民謡集」を、学術的とまで断言し、ブラームス本人が同作を作曲の集大成と位置付けていたという解釈に目から鱗が数枚落ちた。民謡へのあたたかなまなざしは特筆ものだ。

« 島原の乱 | トップページ | マッコークルの抄録 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大作曲家とその時代:

« 島原の乱 | トップページ | マッコークルの抄録 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ