ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第九初体験 | トップページ | Durch と zur »

2017年12月17日 (日)

ベートーヴェンの記憶

ブラームスにのめり込む前、私の脳内マインドシェア第1位に君臨していた作曲家はベートーヴェンだった。クラシックにのめりこみ始めたのが中学時代で、最初に買ってもらったレコードがベートーヴェン第五交響曲とシューベルト未完成交響曲のカップリング。

案の定気が付いたらベートーヴェンにはまりこんだ。交響曲、協奏曲、弦楽四重奏曲、ピアノソナタ、ヴァイオリンソナタ、一部ピアノ三重奏曲など、ほぼ全部レコードとスコアが集まった。頭が柔らかいから旋律と曲名の紐付けがあっという間に完璧になった。伝記を始めとする書物も片っ端から読んだ。一生このままかもしれないと予感していたし、それでもいいと思っていた。

高校卒業の段階でのお気に入りは以下の通り。

  • 交響曲 7番6番4番の順。
  • 協奏曲 ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲第4番
  • 弦楽四重奏曲 15番イ短調 4番ハ短調 9番ハ長調 2番ニ長調の順
  • ピアノソナタ 第31番イ長調 第21番 第8番の順

ブラームスなんか屁とも思っていなかった。この記事を書くためにベートーヴェンのどこが好きだったのか思い出そうとしているのだが、どうも要領を得ない。思い出せないのだ。

中学高校の時代は、ベートーヴェンにがんじがらめにされる感覚が心地よかったのだが、大学に入ってから、パーソナルな塗り残しがあるブラームスが好きになった。秩序と思いが程よくブレンドされていると感じたのだ。話聞いてくれそうなのはブラームスだと思った。

私の心の中では既にブラームスはもちろんバッハやドヴォルザークにも抜かれてしまったベートーヴェンだが、今でも楽譜だけはたくさん持っている。

« 第九初体験 | トップページ | Durch と zur »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/44292166

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンの記憶:

« 第九初体験 | トップページ | Durch と zur »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ