ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« バッハ研究史略年表 | トップページ | コピイストたるブラームス »

2018年1月17日 (水)

そもそも131本

今年の元日に始まった「バロック特集」の中心はバッハである。バッハはこれまでブログ「ブラームスの辞書」上で特集されていなかった。にもかかわらず、昨年末の時点でカテゴリー「301バッハ」には131本の記事が堆積していた。

特集という形態を借りることまではいかなくても、折に触れてバッハに言及していたということだ。ブラームスの個性を浮き彫りにしようと試みるときの有力な切り口がバッハだからである。思えばこれはすごいことだ。

ブラームスの人物像作品群を語る切り口あるいは、証言者としては、シューマン夫妻、ヨアヒム、ジムロック、ドヴォルザーク、ビスマルク、ワーグナーなどがすぐに思い浮かぶが、これらは皆ブラームスと同世代か、少なくとも同時に生きていた。

バッハはブラームス生誕の83年前に亡くなっていたことを思うと、どれほど異例かわかる。口先だけで「バッハを尊敬していた」と唱えるのは簡単だが、ブラームスはその経歴や言動、はては作品の中に色濃くバッハが息づいている。

ブログ「ブラームスの辞書」の記述にその異例さが反映していることをうれしく思う。

« バッハ研究史略年表 | トップページ | コピイストたるブラームス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そもそも131本:

« バッハ研究史略年表 | トップページ | コピイストたるブラームス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ