ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« そもそも131本 | トップページ | 古楽譜コレクション »

2018年1月18日 (木)

コピイストたるブラームス

ブラームス自身がルネサンスやバロックの作品を写譜している。立身出世を遂げてからは、興味の対象は古楽譜の収集に移行するのだが、若いころは熱心に写譜している。それをクララやヨアヒムに贈り、贈られた2人が律儀に保存していたという寸法だ。

ブラームスの写譜の対象になった作曲家をアルファベット順に列挙し、生年を添える。

  1. Arthopius,Balthasar 1535
  2. Attaingnant,Pierre ?
  3. Bach,Wilhelm Friedeman 1710
  4. Calvisius,Sethus 1556
  5. Crueger,Johannes 1598
  6. Eccard,Johannes 1553
  7. Erythraeus,Gotthard 1560
  8. Gesius,Nartholomaeus 1560
  9. Hassler,Hans Leo 1564
  10. Ingegneri,Marc'Antonio 1545
  11. Isaac,Heinrich 1450
  12. Lotti,Antonio 1667
  13. Luther,Martin 1483 宗教改革のルター。
  14. Palestrina,Giovanni Pierluigi 1525
  15. Praetrius,Hieronimus 1560
  16. Praetrius,Michael 1571
  17. Rovetta,Giovanni ?
  18. Schein,Johan 1586
  19. Steuerlein,Johann 1546
  20. Walter,Johann 1496

写譜された時期はいずれも1850年代。二十歳そこそこのブラームスの興味がこれら作曲家に向いていたということだ。この事実を踏まえると、ブラームスネタそっちのけでバロック特集に走ってもけして叱られることはないと確信する次第だ。

« そもそも131本 | トップページ | 古楽譜コレクション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コピイストたるブラームス:

« そもそも131本 | トップページ | 古楽譜コレクション »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ