ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« O Traurigkeit, o Herzeleid | トップページ | Ernst-Erich Stender »

2018年1月24日 (水)

コラール前奏曲の元ネタ

ブラームスの最後の作品「オルガンのための11のコラール前奏曲」op122は、バロック以来の伝統にのっとり、「コラールの前弾き」という体裁をとる。実際には教会での演奏という側面は失われていながら、形だけを誠実にトレースした代物。既存既知のコラールをベースにした変奏曲となっている。

本日は11曲すべてについてその原曲の出所を一覧化しておく。

<第1番>「Mein Jesu,der du mich」わがイエスよわれを導き給へ

  • Darmstadt Gesangebuch 1698
  • 6小節目の後半から足鍵盤に低旋律が現れる。「H-G-E-C」とは第四交響曲冒頭と完全に一致する。

<第2番>「Herzliebster Jesu」敬愛するイエスよ

  • Johann Crueger 1640
  • マタイ受難曲BWV244第3曲に現れる。

<第3番><第11番>「O Welt,ich muss sich lassen」おおこの世よ我汝を去らねばならず

  • 不詳。ニュルンベルク1555年頃

<第4番>「Herzlich tut mich erfreuen」わが心は喜びに満ちて

  • 不詳。Wittenburg1552年頃

<第5番>「Schmuecke dich,Liebe Seele」装え愛する魂よ

  • Johann Crueger 1649
  • BWV654にある。

<第6番>「O wie selig seid ihr doch.ihr Frommen」おお汝、信心深い人々はいかに至福なるか

  • Johann Crueger 1647

<第7番>「O Gott,du frommer Gott」お神よ、汝やさしき神よ

  • 不詳。ブラウンシュヴァイク1648年頃

<第8番>「Es ist ein Ros'entsprungen」一輪のバラが咲いて

  • 不詳。最古の出版は1599年。
  • 讃美歌96番「エサイの根より」に一致。

<第9番><第10番>「Herzlich tut mich verlangen」心から私は願う

  • Hans Leo Hassler1601年
  • 書籍「ブラームスの辞書」の口絵は「10番の手稿譜」1ページ目になっている。
  • バッハのBWV727のオルガンコラールと同一だ。BWV161のカンタータにも登場する他、マタイ受難曲にも同じ旋律が現れる。

以上。最古のものは1552年。ただし8番は出版こそ1599年だがもっとさかのぼる。最新のものでも1698年だ。

クララを失った傷心のブラームスがイシュルに戻って書き上げた11曲。ウィーンの自宅に資料を取りに戻ることなく書けたということは、これらオリジナルが頭に入っているということだ。ドイツの古い音楽がすっかりなじんでいたということだ。

« O Traurigkeit, o Herzeleid | トップページ | Ernst-Erich Stender »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラール前奏曲の元ネタ:

« O Traurigkeit, o Herzeleid | トップページ | Ernst-Erich Stender »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ