ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 古楽譜コレクション | トップページ | ブラームスはオルガンを弾いたか »

2018年1月20日 (土)

Weimar orgeltabulatur

「ワイマールオルガン手稿譜」とでも訳せよう。2006年にワイマールのアンナ・アマリア図書館で発見された。

若きブラームスが先輩作曲家の作品を次々に写譜したことは既に述べておいた。同じことがバッハでも起きていた。「ワイマールオルガン手稿譜」は、バッハ自身による先輩作曲家オルガン作品の筆写譜で、その時期は1700年、リューネブルクのベームに師事していたバッハ15歳の筆写譜だ。

筆写されていたのは以下の2曲。

  1. ブクステフーデ:オルガンコラール幻想曲「Nun freut euch,lieben Christen」BuxWV210
  2. ラインケン:コラール幻想曲「An Wasserfluesen Babylon」

また、同時に別の手稿譜も発見された。バッハの弟子シューバルトがパッヘルベルのオルガンコラール幻想曲を筆写したものだ。

  1. コラール幻想曲「Kyrie,Gott Vater in Ewigkeit」
  2. コラール幻想曲「An Wasserfluesen Babylon」

先輩作曲家の作品を筆写するということが、有効な教育のツールだったことは確実だ。

« 古楽譜コレクション | トップページ | ブラームスはオルガンを弾いたか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Weimar orgeltabulatur:

« 古楽譜コレクション | トップページ | ブラームスはオルガンを弾いたか »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ