ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 別テキスト同旋律 | トップページ | ハーモナイズドコラール »

2018年2月25日 (日)

8枚組750円

このたび中古ショップをうろついていて、お宝をゲットした。ブリリアント社から出ているバッハエディションのうち「ヴォーカル作品第二集」のボックス8枚組が750円だった。1枚100円を切る。「コスパ」以前の破格値と判断し即買い。

このうちのDISC5から7までの3枚が、ニコルマット率いるノルディック室内合唱団によるバッハのコラール集。「ブライトコップフ389コラール集より」という副題がついている。カールフィリップエマニュエル編纂の「4声のコラール集」からの抜粋だ。

20180215_192900

帰宅するなり開梱。思った通りだ。単にコラール集収載の作品を取り上げるだけでなく、同名コラールがカンタータに採用されている場合には、そちらも合わせて演奏してくれている。同旋律別テキストをフィルタリングしてくれていたりするのでかえって使い勝手がいい。CPEバッハのブライトコップフ社オリジナルは「テキスト無しのピアノ版」だが、それをもとにテキストを補い、小規模の混成四部合唱に、通奏低音という組み合わせで聴けるのはありがたい。ピアノ独奏で聴かされてもありがたみは落ちる。

本当に貴重だ。バッハの合唱曲は、規模的にはマタイ受難曲やロ短調ミサが頂点に君臨し、量的にはカンタータが広大な裾野を形成しているが、こちら4声のコラール集のシンプルで素朴な味わいは「癒し」以外の何物でもない。裾野を形成するカンタータをはぐくむ土壌と考えたい。

全曲聴きたい。

« 別テキスト同旋律 | トップページ | ハーモナイズドコラール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8枚組750円:

« 別テキスト同旋律 | トップページ | ハーモナイズドコラール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ