ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 棚からフーガ | トップページ | BWV579 »

2018年2月 3日 (土)

オルガンの設置場所

楽器の持ち運びの難易度で申すなら、オルガンは筆頭格だ。「持ち運び困難」のレベルではなく「持ち運び不可能」と断言してもいい。もはや建物の一部だ。

今でこそ、大きなホールにはオルガンが設置されているのだが、バロック時代はそうではなかった。

つまり教会に設置されたが最後ずっとそこにあっるということだ。解体修理はあったに決まっているが、演奏場所は教会に限定される。

だからオルガン作品の中で、コラールに準拠しない作品群を「オルガン自由曲」と呼びならわしたところで、その演奏場所は結果として教会にならざるを得ない。宗教的な背景がどれほど希薄だったにしても演奏は教会だった。

いつも意識しておきたい。

« 棚からフーガ | トップページ | BWV579 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルガンの設置場所:

« 棚からフーガ | トップページ | BWV579 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ