ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 4声のコラール | トップページ | 世紀の替え歌 »

2018年2月21日 (水)

おおこの世よ

ブラームス最後の作品「オルガンのための11のコラール前奏曲」op122のラストを飾るのは「おおこの世よ、我汝を去らねばならず」op122-11である。クララ没後、自らの死さえ予見しながら書かれた曲集のラストにこのタイトルだから、いやでも身が引き締まる。

原題は「O Welt,ich muss dich lassen」という。気合を入れて作成したコラダスには、収載されていない。バッハ、ブクステフーデ、パッヘルベル、テレマンの4名がオルガンコラールに採用していないということだ。

相当へこんでいたところに、昨日話題の「4声のコラール」である。BWV254から438までの一連のコラール群だ。その中のBWV392が「O Welt,ich muss dich lassen」であった。

バッハが見てくれていることが、どれほど心強いか。

« 4声のコラール | トップページ | 世紀の替え歌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおこの世よ:

« 4声のコラール | トップページ | 世紀の替え歌 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ