ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 次女大学を巣立つ | トップページ | レーガー »

2018年3月18日 (日)

バッハマニア

レーガーは作曲家、オルガニスト、ピアニスト、指揮者ということになっている。これに加えて編曲者という一面も見過ごせない。編曲の素材にバッハが選ばれることが頻繁にある。オルガニストらしくバッハへの傾倒は本格的だ。

編曲の方向として、バッハのオルガン作品をピアノに編曲しているのであれば、とても理解しやすい。19世紀後半からのレーガーの時代は、ピアノの普及が行き着くところまでいった時代だ。家庭への浸透も含めて普及度は頂点に達する。

一方でオルガンはその規模もあって普及度をピアノと同列に扱う訳にはいかない。だからバッハのクラヴィーア作品をオルガン用に編曲するというのは、編曲の向きとしては相当マニアックだ。

このほど、そこを絵に描いたようなCDを入手した。

  1. 半音階的幻想曲とフーガBWV993
  2. 平均律クラヴィーア曲集から嬰ハ短調の前奏曲とフーガBWV849
  3. インヴェンション BWV772~786
  4. 幻想曲とフーガDdurBWV912

これらのオルガン編曲だ。クラヴィーア作品として十分に普及している作品をわざわざオルガン用に転写するのだから芸が細かい。

聴いていて楽しい。

« 次女大学を巣立つ | トップページ | レーガー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッハマニア:

« 次女大学を巣立つ | トップページ | レーガー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ