ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« テレマンの職歴 | トップページ | バッハゆかりのオルガン »

2018年5月12日 (土)

パッヘルベルの職歴

となるとパッヘルベルの職歴も放置できない。

  1. ニュルンベルク 1653年出生。
  2. アルトドルフ 1669年同地の大学在学中に聖ロレンツ教会のオルガニストに就任。
  3. ウィーン 1673年聖シュテファン大聖堂次席オルガン奏者。
  4. アイゼナハ 1677年宮廷オルガン奏者。バッハの父と知り合う。
  5. エアフルト 1678年プレディガー教会オルガン奏者。
  6. シュトゥットガルト 1690年ヴュルテンブルク公国宮廷音楽家宮廷オルガニスト。
  7. ゴータ 1692年マルガレーテ教会オルガン奏者。
  8. オールドルフ 1694年バッハの長兄ヨハン・クリストフの結婚式に参列した。9歳のバッハと会った可能性がある。
  9. ニュルンベルク 1695年聖ゼーバルドゥス教会オルガン奏者。
  10. 1706年ニュルンベルクにて没。

テレマンと同じくバッハの生地アイゼナハに関係があった。バッハ家との親交が深かった。宮廷とも教会とも同じくらい現れる。勤務年数でいうなら教会か。

« テレマンの職歴 | トップページ | バッハゆかりのオルガン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/66690402

この記事へのトラックバック一覧です: パッヘルベルの職歴:

« テレマンの職歴 | トップページ | バッハゆかりのオルガン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ