ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴァルヒャ | トップページ | 第九日本初演 »

2018年5月31日 (木)

賛美歌のシューベルト

ヨアヒム・ネアンダー(1650-1680)の「通り名」だ。デュッセルドルフの教会付属ラテン語学校の校長として活躍したが、30歳の若さでブレーメンにおいて没した。賛美歌60編のテキストを残したが、その半数について作曲もした。もっとも有名な「Lobe den Herren,den Maechtgen Koenig」は、バッハのカンタータ120番と137番に採用されているほか、多くの賛美歌が歌い継がれている。

残された作品の美しさと、30歳で早世したこともあって「賛美歌のシューベルト」とあだ名されるにいたる。

存命中、彼はデュッセルドルフ郊外の谷に出かけてしばしば思索にふけったという。その谷はいつしか「ネアンダーの谷」と言われるようになり、やがてそこから古人類の化石が出土した。つまりはそれがネアンデルタール人である。

今日5月31日は彼の命日である。

どこかに「賛美歌のブラームス」はいないものか。

« ヴァルヒャ | トップページ | 第九日本初演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/66400876

この記事へのトラックバック一覧です: 賛美歌のシューベルト:

« ヴァルヒャ | トップページ | 第九日本初演 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ