ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 全集に物言い | トップページ | クルムバッハ »

2018年6月 5日 (火)

オルガンタウン

バッハ以前のオルガン音楽の作曲家を調べていると面白い現象に出会う。ハンブルクに関係する人物が多いのだ。たどりついた職務はほぼオルガニストだ。

  1. ヤコブ・プレトリウス1世(1530?-1586) 聖ヤコビ教会
  2. ヒエロニウム・プレトリウス(1560-1629)  聖ヤコビ教会
  3. ヤコブ・プレトリウス2世(1586-1651) 聖ペトリ教会
  4. ハインリッヒ・シャイデマン(1595-1663) 聖カタリーナ教会
  5. マティアス・ヴェックマン(1616?-1874) 聖ヤコビ教会
  6. ヤン・アダム・ラインケン(1643-1722) 聖カタリーナ教会
  7. ヴィンツェント・リューベック(1654-1740) 聖ニコライ協会

彼らの共通点は、ハンブルクの教会のオルガニストであることなのだが、もう一つオランダ・アムステルダムのヤン・ピーテルスゾーン・ズヴェーリンクの薫陶を受けたということだ。つまりはネーデルランド楽派のドイツへの拡大と見ることができる。

アムステルダムに近いハンブルクは、ハンザ都市として隆盛を極め、貿易による富が集中しており、早くから宗教改革を受け入れたという背景もあって、各教会に壮大なオルガンが設置された。

トゥンダー、ブクステフーデ、ベームがいたリューベックとともにオルガンの北ドイツ楽派を形成していたと思われる。

こうした伝統をハンブルク生まれのブラームスが知らぬはずはない。

« 全集に物言い | トップページ | クルムバッハ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/66374471

この記事へのトラックバック一覧です: オルガンタウン:

« 全集に物言い | トップページ | クルムバッハ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ