ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 虫のCD | トップページ | 華麗なるアンサンブル »

2018年7月23日 (月)

須賀ハリストス教会

やっと入れた。

千葉県の八日市場という街のそばに、須賀ハリストス教会がある。明治になってキリスト教の信仰が許された後に建てられたもの。現在の建物は20年前に建て替えられたものだが、祭壇前の絵画は明治期のものだという。九十九里海岸に近いとはいえ、あたりは田んぼ。のどかな風景が延々と続く。案内の標識もなく、グーグルの地図を頼りにたどり着いた。以前から存在は知っていたが、限られた日にしか内部に入れない。予定を合わせてやっと見学できた。

20180722_195611
寄付代わりにと購入した絵葉書の中の一枚。

なんといってもここはギリシア正教の教会。特色ある十字架が印象的だ。暑い日中、空調もない中、近所の信者の男性が丁寧に説明してくれた。噂に聞いていた明治期の宗教画はとても清楚で印象に残ったけれど写真撮影はしなかった。部屋の隅に置かれた4本の譜面台が聖歌隊の存在を物語る。館内にオルガンはない。尋ねてみるとミサの時には地元の人たちが歌うという。

バッハに親しむ過程で習得したキリスト教の知識に浸っていた脳みそが敏感に反応したのが、我ながらうれしかった。長崎の遺跡群が世界遺産に登録されたことは記憶に新しいが、ここにも何かがあると感じた。

« 虫のCD | トップページ | 華麗なるアンサンブル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/66975326

この記事へのトラックバック一覧です: 須賀ハリストス教会:

« 虫のCD | トップページ | 華麗なるアンサンブル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ