ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« バッハの五十三次 | トップページ | ケーゼシュトラッセ »

2018年8月 6日 (月)

初日長丁場

旅の用語で、宿場と宿場の距離が長いことを長丁場という。バッハの生涯最長の旅行アルンシュタットからリューベックを目指す旅の初日はとんだ長丁場となる。

  1. 000.0 Arnstadt
  2. 004.5 Holzhausen
  3. 005.5 Gleichen
  4. 005.0 Wechmar
  5. 001.5 Guenthershausen
  6. 006.5 Gotha
  7. 004.5 Renstaedt
  8. 002.0 Warza
  9. 002.0 Westhauesn
  10. 007.0 Heningshausen
  11. 004.5 BadLangensalza

まずは説明から。赤文字は「バッハの街」に通過地として言及された地名で、昨日の記事「バッハの五十三次」でも宿場扱いしている。青文字は「バッハの街」に通過地として言及されていないものの、昨日の記事「バッハの五十三次」では宿場扱いしている。黒文字はそれ以外なのだが、より具体的な経路の特定のための補助として加えた地名。

最下段の街に宿泊するという扱いとする。本日でいうならバートランゲンザルツァ泊である。

地名に先行する数値は、前宿場からの距離をkm単位で表示した。1日目はこれを合計すると43.0kmとなる。一日7時間しか歩けないとするとこれは相当無理。時速5kmで歩いて8時間強だ。後の日程を考えての無理を承知の設定だ。ここは馬車でもいいことにする。

だからという訳ではないが、本日のお宿はおそらく温泉だ。冒頭の「Bad」は温泉の意味だ。地名からしておそらく「塩泉」である。志高い二十歳のバッハがここで弱音とは思えないという勝手な設定。

« バッハの五十三次 | トップページ | ケーゼシュトラッセ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/66611027

この記事へのトラックバック一覧です: 初日長丁場:

« バッハの五十三次 | トップページ | ケーゼシュトラッセ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ