ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シュパーゲル街道 | トップページ | Uelzen »

2018年8月15日 (水)

観光街道

本日の行程

  1. 00.0 Gifhorn
  2. 03.5 Gamsen
  3. 05.0 Wangenhoff
  4. 03.0 Weissenberge
  5. 07.5 Oerrel
  6. 06.0 Hankensbuettel

「Niedersachsenischer Spagelstrasse」沿いを北上しているのだが、この辺りには「Muehle街道」や「Fachwerk街道」など、現代の観光街道が錯綜する。「Muehle」は水車で、「Fachwerk」とはこの辺りは特有の建築のことだ。

地図の上では北ドイツ特有の湿地の中をいく29.5km。バッハの当時はもっと湿地帯だったはずで、街道はそうした湿地の間を縫って走っていた。水車街道の存在もうなずける。「バッハの街」の地名列挙がまばらなのは、古来迷う余地のないルートだからだと確信する。

現在、ブログ「ブラームスの辞書」上で展開しているバッハの旅路をたどる記事そのままに、現実の観光街道にしてもらえないものか。鉄道普及前にだって人は旅をしていた。それが陸上だった場合、観光街道を設定する余地がある。「Bachstrasse」バッハ街道とでもすれば盛り上がる。鉄道普及後の作曲家たちはこのさい除外するとしてボンからウィーンを目指したベートーヴェンの足跡、生涯旅に明け暮れたモーツアルトは足跡が網の目状になるかもしれない。

« シュパーゲル街道 | トップページ | Uelzen »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光街道:

« シュパーゲル街道 | トップページ | Uelzen »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ