ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 手荒い歓迎 | トップページ | ゼバルドゥス教会 »

2018年9月 6日 (木)

Rochuskirche

2日目8月10日の最初の訪問先だ。旅行恒例の「朝飯前の散歩」を悠々とこなしてから朝食をとっての出発だった。チェックアウトは済ませたもののスーツケースはフロントに預けた。列車でライプチヒに向かうのは夕方だからそれまで預ける。中央駅至近というホテルの立地はありがたい。

さて、ほぼ「ロフスキルヒェ」と読んでいい。ニュルンベルク中央駅からUバーン3号線で3つめプレーラーで下車する。

20180810_084947
あっけなく着いた。大伽藍もいいが、こちらのたたずまいも癒される。

20180810_084915
説明を少々。1517年ころ、つまり宗教改革のころだ。ニュルンベルクはペストに襲われてたくさんの人が亡くなった。病気を恐れて、城壁内側での遺体の埋葬が忌避された結果、埋葬場所が城壁外に求められた。その一つがこのロフスキルヒェらしい。パッヘルベルの死因はペストではなかったが、埋葬は城壁外にされた。

で、墓地の様子は下記。

20180810_085134
20180810_090128
花盛りな感じ。ほんっっとに美しい。パッヘルベルがこんなに美しいところに葬られていることにほっとした。探し当てるのに苦労したけれど見つけた。

20180810_085748
20180810_085430
あまりに質素、あまりに普通で涙が出た。そして季節は夏。人々に持ち寄られた花たちが咲き競う。

奇妙なことに、ニュルンベルクにとってのパッヘルベルは、ライプチヒにとってのバッハとは、位置づけが大きく違う。この先ずっと感じさせられた感触に満ち溢れた墓地だった。

« 手荒い歓迎 | トップページ | ゼバルドゥス教会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/67033381

この記事へのトラックバック一覧です: Rochuskirche:

« 手荒い歓迎 | トップページ | ゼバルドゥス教会 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ