ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 最後の食事 | トップページ | 料理ベスト5 »

2019年1月22日 (火)

レストランベスト5

今回の旅行で訪れたレストランのベスト5を選定する。

  1. Schiffergeselschaft 
  2. Brunnenkeller
  3. Altstadthof
  4. Bayerischerbahnhof
  5. RatskellerHamburg

迷った末、リューベックの船員組合が第1位に落ち着いた。重厚な内装、絶品のヒラメのムニエルが売り。第2位はアイゼナハのマルクト広場のブルンネンケラー。ケラー特有の穴倉感と、ソーセージグリルと黒ビールのクオリティが売り。「地球の歩き方」で特筆されている船員組合と比べて無名ながら、まったく遜色がない。コスパでは勝っている。付け合わせのポテトとザウアークラウトのハーモニーまで入れれば、24ユーロのヒラメのムニエルに対抗できる。

第3位はニュルンベルクのアルトシュタットホーフ。在来製法の赤ビール、ソーセージグリルのビールソース和え、さらには大麦のおつまみなど話題満載。

第4位はライプチヒのバイエルン方面駅跡地のレストラン。森鴎外の独逸日記に出て来るという話題性。最も個性的なGoseというビール。トイレの凝った内装など突っ込みどころ満載だ。

第5位はハンブルク市庁舎の地下。歴史的ラーツケラーで、重厚な内装と、黒でないケストリッツァーが飲めたという奇遇感、ジューシーなハンバーガーなど高得点。

« 最後の食事 | トップページ | 料理ベスト5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランベスト5:

« 最後の食事 | トップページ | 料理ベスト5 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ