ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブリュッヘンテラッセ | トップページ | ラーツケラーリューベック »

2019年1月 9日 (水)

エーレンルンデ

古来ドイツの都市は、街の防衛のために周囲に城壁を建設した。街を城壁が囲んでいるのはよくある光景だ。しかしレンズブルクは運河越えのための高度を短距離で稼ぐために、ループ線を採用した。

ハンブルクに向かう列車は、レンズルク駅を出ると、まっすぐ運河に向かわずに街を取り囲むようにぐるりと迂回する。

20180924_144411_2
これが「Ehrenrunde」(名誉ある円弧)と呼ばれている。街が城壁ならぬ線路で囲まれているのだ。

20180817_160701
タクシーでブリュッヘンテラッセから戻った私とセバスチャンは今度は列車に乗って名誉ある円弧を通り、レンズブルク橋を渡るべくワクワクと列車をまった。赤色の幹線からはずれて赤い矢印に従ってキールに向かうのも楽しみの一つだ。

20180817_162209
さあ行くぞ。

20180817_162624
円弧内側の市街を見渡せるよう進行方向左側の座席を確保した。

20180817_162747
まずは、やがて通ることになる、高度を上げた後の線路の下をくぐる。

20180817_163030
20180817_163051_2
20180817_163111_2
想像と違った。円弧の内側は緑豊かな田舎街だった。

20180817_163134_2
今、橋を渡る。

20180817_163153
わたり終わった直後のキール運河。

20180817_163221
20180817_163839
ここからキールを経てリューベックまで、またチーズ街道まっただ中だった。

« ブリュッヘンテラッセ | トップページ | ラーツケラーリューベック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/64620577

この記事へのトラックバック一覧です: エーレンルンデ:

« ブリュッヘンテラッセ | トップページ | ラーツケラーリューベック »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ