ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« レストランベスト5 | トップページ | 自分への土産物 »

2019年1月23日 (水)

料理ベスト5

昨日の記事「レストランベスト5」とは別に、料理ベスト5を記事にするかどうか迷った。レストランベスト5は、料理の質のほかビールや内装、コスパや立地、蘊蓄まで総合的に判断したが、本日は単品料理のみが判断の基準になる。ひらたくいうとお遊びだ。

  1. ヒラメのムニエル リューベックの船員組合をレストラン部門第1位に押し上げた原動力だ。ヒラメ1匹が惜しげもなく供される迫力の前にはただただ息をのんだ。24ユーロおよそ3000円のランチとなったが、食べてみて納得だ。
  2. ソーセージのグリル アイゼナハのブルネンケラーのメイン。ジューシーなチューリンガーソーセージにシンプルなソース。マッシュポテトとザウアークラウトの付け合わせに加えてマスタードの絶妙なハーモニー。最優秀付け合わせ賞があったら間違いなくグランプリである。チューリンゲンの郷土料理と呼ぶにはあまりに華麗だ。
  3. ホットサンド ICE食堂車の朝食メニューだ。チーズとハムとマスタードが主役かに見えて実はパンが主役だという意外性。8月13日朝食だったが最終日にまたまたリピート。それも迷わずだ。コスパと意外性に限れば第1位の資格がある。
  4. ビスマルク風シュニツェル 旧東独の片田舎。黒ビールとシュッツの聖地ケストリッツの名もなきレストランのメイン。ポークシュニッツェルの上に半熟の目玉焼きという同地方の郷土料理。初めて食べるのに懐かしいという不思議な感覚。
  5. ランプステーキ フランクフルト空港のレストランでの最後の食事。見事なステーキ。ボリュームといい肉質といい。

このベスト5のチョイスは難航した。惜しくも次点が3つはある。

« レストランベスト5 | トップページ | 自分への土産物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理ベスト5:

« レストランベスト5 | トップページ | 自分への土産物 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ