ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« パイヤール室内管弦楽団 | トップページ | カノンコード »

2019年2月10日 (日)

カノンのC

断固カノンのツェーと読みたいところである。パッヘルベルのカノンの話である。あの名高いカノンはニ長調であるから、調号としてシャープが「F」と「C」に付与された結果、「Fis」と「Cis」を発することを厳に求められる。

ところが、押しつまった44小節目が3拍を数えるころ第一ヴァイオリンに16分音符の「C」が現れる。「ナチュラル」が与えられるということだ。

20170919_214545
連続する4つの16分音符のうちの2個目と4個目だ。それを皮切りに46小節目の1拍目にもあられる。やがてはお決まり通り第一ヴァイオリンを模倣するセカンド、サードにも伝播する。

そして49小節目の末尾には8分音符に出世を遂げる。

20170919_214604

音楽的に、いやいや和声学的にこの「C」がなんと位置付けられているかは知らんが、身をよじらんばかりのパワーを感じる。味付けの仕上げに一つまみ加えられるスパイスと申すか、極上のアロマホップを添加するかのようと申すか、ただただ言葉は不完全だ。

遠い昔、大学オケのヴィオラアンサンブルのためにパート譜を写譜したとき、ナチュラルを書き込む指が震えた。

« パイヤール室内管弦楽団 | トップページ | カノンコード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カノンのC:

« パイヤール室内管弦楽団 | トップページ | カノンコード »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ