ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 会期163日 | トップページ | セバスチャンと一緒 »

2019年2月 2日 (土)

運営上の諸課題

ブログ「ブラームスの辞書」上で展開中の「バロック特集」期間中に163日を費やして旅をレポートした。その間の音楽関連記事は59本。7本のブラームス記事が混じっているからバロック関連記事は52本にとどまる。微妙だ。そのブラームスでさえ、ライプチヒ国立図書館への蔵書確認、ハンブルクとリューベックへの寄贈記事に終始した。旅の楽しさは格別だったがブログ運営上のアキレス腱になっていたと自覚だけはしている。

シューマン、ワーグナー、メンデルスゾーン、マーラーなどロマン派屈指の大作曲家たちの足跡を意図的にスルーした。日程を考えて泣く泣くカットしたのではなく、嬉々として悠々とスルーをかました感じがする。彼らゆかりの地を訪ねることより、鉄道やビールの優先順位が高かった。

一方、非音楽のルターを含む宗教改革系は9本の記事で言及した。ロマン派諸兄より扱いが上であるばかりか、7本のブラームスでさえ凌ぐ。宗教改革はドイツバロックとして無視できぬと腹をくくった。これに異を唱えるブラームスではない。

« 会期163日 | トップページ | セバスチャンと一緒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運営上の諸課題:

« 会期163日 | トップページ | セバスチャンと一緒 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ