ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 無理もないが | トップページ | テレマンの一週間 »

2019年3月29日 (金)

コレギウムムジクム

バロック時代ドイツに起こった民間の演奏団体。市民や学生により組織され、定期的に演奏会を開いた。その起源は16世紀プロテスタント教会の聖歌隊とされているが、やがて器楽にも拡大した。文献上の証拠は1660年ハンブルクにさかのぼるとされている。おそらくもっとも名高いのが、1702年テレマンによって創設されたライプチヒのコレギウムムジクムだろう。

のちにトマスカントルに就任したバッハも、この団体に作品を供給している。ツィンマーマンのカフェでのコンサートはよく知られている。

王侯貴族でも教会でもない、音楽の担い手の存在なしにドイツバロックは語り得ない。教会に勤務しながら、世俗作品を残した作曲家のモチベーションが説明できないからだ。非貴族、非教会、非オペラを同時に満たすコレギウムムジクムがドイツ各地のそこそこの規模の都市、とりわけ大学の存在はよい後ろ楯になったと考えていいい。テレマンはライピチヒの他、フランクフルト・アムマインやハンブルクでコレギウムムジクムを創設している。

 

 

« 無理もないが | トップページ | テレマンの一週間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コレギウムムジクム:

« 無理もないが | トップページ | テレマンの一週間 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ