ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドンキホーテのブルレスケ | トップページ | コレギウムムジクム »

2019年3月28日 (木)

無理もないが

テレマンの「ドンキホーテのブルレスケ」のCDの話。ファビオ・ビオンディ率いるエオウロパガランテのCDを発見して小躍りしながら買い求めたのは一昨年の9月28日だった。ちょうどビオンディのリサイタルの1週間後だった。存在は知っていながら長らく見つけられずにいたから本当にうれしかった。

収録されているのは下記の通り。

  1. 3つのヴァイオリンのための協奏ヘ長調 TWV53:F1
  2. 組曲「ドンキホーテのブルレスケ」 TWV55:G10
  3. ヴィオラ協奏曲ト長調 TWV51:G9
  4. 2つのヴァイオリンのための協奏曲ハ長調 TWV52:C2
  5. 組曲「変化」 TWV55:g10

このうち1番目と4番目の独奏者には、もちろんビオンディを含む。店頭で収録曲目を見たとき、ヴィオラ協奏曲を発見してほくそ笑んだ。まさかビオンディがヴィオラ持ち替えなどということはあるまいなと。

帰宅。着替えももどかしくブックレットを開く。がっかりだ。独奏ヴィオラはビオンディではなかった。ジョルディ・サヴォールとのブランデンブルク協奏曲第6番では、ヴィオラを弾いてくれていたから期待したが残念。学生時代以来のヴォルフラム・クリフト版とは違う。そりゃそうでこちらはピリオド楽器だ。テオルボまで加わっているからなおさらだ。

チェンバロは先般のリサイタルでも聞かせていただいたポンセさんだ。写真も載っていた。

« ドンキホーテのブルレスケ | トップページ | コレギウムムジクム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無理もないが:

« ドンキホーテのブルレスケ | トップページ | コレギウムムジクム »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ