ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アポロンの六弦琴 | トップページ | 晴れセバスチャン »

2019年3月 9日 (土)

高きには栄え

オリジナルは「Allein Gott in der Hoh sei Ehr」だ。下記の通りブクステフーデ以外の3人が採用している。

  1. バッハ BWV662,663,675,676,677,711.716.717,764,771
  2. パッヘルベル P10,11,12
  3. テレマン TWV31:3

3人が計14回も採用している。頻度としては最高だ。ブクステフーデ不在が残念でさえある。

テキストも旋律もニコラウス・デシウス(1485-1546)というホフ生まれの神学者だ。1522年ブラウンシュヴァイクの教師として赴任した際、宗教改革の理念に共感して、ミサの通常分「グローリア」「サンクトゥス」「アニュスデイ」を独訳して旋律を付して刊行した。ルターによるドイツ最古の賛美歌集より2年さかのぼる。最古のドイツ語賛美歌と位置付けられる由縁である。

このうちの「グローリア」こそが本日話題の「高きに栄え」である。

« アポロンの六弦琴 | トップページ | 晴れセバスチャン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高きには栄え:

« アポロンの六弦琴 | トップページ | 晴れセバスチャン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ