ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Telemannisches Gesangebuch | トップページ | わざとか »

2019年4月 4日 (木)

リコーダー

小学校の音楽の時間にテストがあったせいかトラウマになっていて、バッハのブランデンブルク協奏曲の4番には華麗な出番があるにも関わらず今一つ親しめなかった。

ところが風向きが変わった。

またまたビオンディである。テレマンのトリオソナタのCDだ。ヴァイオリンとリコーダーのためのトリオソナタ。ブリリアント社のグッドジョブ。トリプラコンコルディアというアンサンブルとビオンディが共演している形。2枚組のうちのDISC1がヴァイオリンとリコーダーでDISC2はオーボエとリコーダーだ。そういえばテレマンは、いくつかの楽器を演奏できたらしいが、リコーダーは名人だったといわれている。

細かいことはおいて、聴いてみる。

  1. ニ短調 TWV42:d10
  2. イ短調 TWV42:a1
  3. ヘ長調 TWV42:F8 元はフルートとヴァイオリン
  4. ヘ短調 TWV42:f2 元はフルートとヴァイオリン
  5. イ短調 TWV42:a4
  6. ヘ短調 TWV41:f1 リコーダーと通奏低音

基本的には緩急交代の妙を味わう構造。急の部分ではヴァイオリンとリコーダーの丁々発止のかけあいが楽しい。キリリ、キビキビ、ノリノリだ。ライブレコーディングだということでまた驚かされる。バッハとははっきりと違う味わいといいたいこところなのだが、この違いが作曲家起因なのかビオンディの個性なのか見極めきれていない。

 

 

 

 

« Telemannisches Gesangebuch | トップページ | わざとか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコーダー:

« Telemannisches Gesangebuch | トップページ | わざとか »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ