ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ニコラウス・ブルーンズ | トップページ | BuxWV263 »

2019年4月28日 (日)

調性のプラン

ブクステフーデのヴァイオリンとヴィオラダガンバのためのソナタop1とop2だ。どちらも7曲で構成されている。

<作品1>1694年

  1. ヘ長調
  2. ト長調
  3. イ短調
  4. 変ロ長調
  5. ハ長調
  6. 二短調
  7. ホ短調

<作品2>1696年

  1. 変ロ長調
  2. ニ長調
  3. ト短調
  4. ハ短調
  5. イ長調
  6. ホ長調
  7. ヘ長調

という具合だ。作品1を構成する各曲の主音をつなげると、Fdurの音階になる。だからしきたり通りの6曲構成では具合が悪いのだ。よくよく見ると「op2」の側も主音に重複がない。最後には元のヘ長調に戻る。ヘ短調と変ロ短調というフラットてんこ盛りの調を避けている以外は、op1とop2で長短がすり替わる。

こういうのを「調性のプラン」というのだろう。平均律クラヴィーア曲集やインヴェンションに通じるものがある。ブクステフーデを尊敬していたバッハはおそらく知っていただろう。

この中ではop2-5イ長調がお気に入りだ。

 

 

 

 

« ニコラウス・ブルーンズ | トップページ | BuxWV263 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調性のプラン:

« ニコラウス・ブルーンズ | トップページ | BuxWV263 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ