ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 変ホは不要か | トップページ | 怒涛の横展開 »

2019年5月30日 (木)

調の選択肢

曲数6を内蔵する8つの曲集の話をする。バッハの作品の話だ。

  1. オルガンのためのトリオソナタ 525~530
  2. イギリス組曲 806~811
  3. フランス組曲 812~817
  4. パルティータ 825~830
  5. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ 1001~1006
  6. 無伴奏チェロ組曲 1007~1012
  7. ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 1014~1019
  8. ブランデンブルク協奏曲 1046~1051

これらを構成する各々の曲の調性をカウントする。

  1. Cdur 3曲
  2. Cmoll 5曲
  3. Ddur 4曲
  4. Dmoll 5曲
  5. Esdur 3曲
  6. Edur 3曲
  7. Emoll 3曲
  8. Fdur 3曲
  9. Fmoll 1曲
  10. Gdur 6曲
  11. Gmoll 5曲
  12. Adur 2曲
  13. Amoll 3曲
  14. Bdur 2曲
  15. Hmoll 3曲

使用されている調は上記15種類。これがすでに驚異的だ。クラヴィーアの教育用作品として名高いインヴェンションとシンフォニアで採用されてる調と完全に一致する。バッハにとっての「常用調」とみるべきだ。

となると唯一のヘ短調ヴァイオリンソナタ第5番BWV1018がやけにまぶしい。

 

 

« 変ホは不要か | トップページ | 怒涛の横展開 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調の選択肢:

« 変ホは不要か | トップページ | 怒涛の横展開 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ