ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« オルガン目線 | トップページ | システム変更の余波 »

2019年5月21日 (火)

頭出しCD集

実を申せば先に紹介した「オルガンインデックス」作成の目的は、こちらだった。バッハのオルガン作品はコラールに起因する作品とそうでない作品に大きく分けられる。後者は「オルガン自由曲」と言われているが、慣れるまでは厄介だ。

コラール起因であれば、歌いだしの一行目がタイトル扱いされる。ドイツ語に慣れてくれば脳内頭出しは容易である。ブラームスの器楽作品であれば作品番号を言われれば冒頭旋律をすぐに脳内呼び出し出来る。全楽章で可能だ。あるいは逆、任意の旋律を聞かされれば作品名と楽章を即答できる。メジャーな声楽作品でも事情は同じであるのに対し、バッハのオルガン自由曲は難解だ。「前奏曲とフーガ」やら「トッカータとフーガ」など似たようなタイトルに調性とBWV番号の羅列となる。脳味噌の反応がブラームスに比べて数段鈍い。

対象はオルガン自由曲だ。BWVで申せば525番から598番まで74曲。525番から530番のトリオ6曲と592番から596番までのコンチェルト5曲は、もう脳内インプットが出来ているから除外する。561、567、571、576、580、581、597の7曲はバッハ本人作でないとか、断片とかでCD収録がないから省くとして総計56曲となる。

これら56曲を一つずつBWV番号順にUSBに取り込む。CDだと1枚に収まらないから媒体だとUSBがいい。自宅でもマイカー内でも簡単に目的の曲にたどり着ける。

« オルガン目線 | トップページ | システム変更の余波 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭出しCD集:

« オルガン目線 | トップページ | システム変更の余波 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ