ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 甲斐なきセレナーデ寿 | トップページ | 思った通り »

2019年7月28日 (日)

アルプ・シュニットガー

北部ドイツ最大のオルガン製作者と位置付けられる。ハンブルクヤコビ教会で彼のオルガンを聴いたときは鳥肌がたった。ニコライ教会はいまでこそ廃墟だけれど、彼の製作したバロック期最大のオルガンがあった。オルガン自体は1842年の大火で焼失したという。彼の工房は欧州中から注文が舞い込む一大コングロマリットの様相を呈していたそうだ。楽器としても工芸品としても一流というのが特徴だ。

ブログ「ブラームスの辞書」渾身のバロック特集のホームストレッチ「シャコンヌ特集」に割り込んで今日、この記事を発信するのは訳がある。本日は彼アルプ・シュニットガー没後300年の記念日だ。1719年7月28日に埋葬されているから、正確には埋葬の記念日というべきか。1648年の生まれだから、ブクステフーデよりは11歳年下で、パッヘルベルより5つ年長という世代。

そう、7月28日はバッハの命日でもある。すごい機縁を感じる。

 

 

 

 

« 甲斐なきセレナーデ寿 | トップページ | 思った通り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルプ・シュニットガー:

« 甲斐なきセレナーデ寿 | トップページ | 思った通り »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ