ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シャコンヌとヨアヒム | トップページ | ある日の残高 »

2019年7月25日 (木)

立場の違い

畏れ多くもバッハの「シャコンヌ」を不完全とみなして、「完全にしてあげましょう」と手を差し伸べるというのが、バッハ復興が進んだ19世紀後半の主流だった。残された証拠を見る限り、メンデルスゾーン、シューマンも同じ立場。シュピッタをはじめとする研究家たちの姿勢も変わりはない。ほとんどの人たちが「バッハの着想を無伴奏ヴァイオリン1本で再現するのは無理だから、よりそれを明らかにするための編曲」である。素晴らしいシャコンヌをみんなに示したいとか、「私ならやれる」という類の編曲者自身の自負の反映でもある。

わずかにヨアヒムとブラームスだけが別の意見を持っていた。無伴奏であることにこそ積極的な意味があるとする立場だ。

とりわけブラームスはよりパーソナルだ。シャコンヌの完全性を微塵も疑っていない。しかしながらそれを大衆に伝えたいとも思っていない。見ているのはクララと自分だけだ。優れたヴァイオリニストが弾いてくれないときの代替であり、自らがヴァイオリンを弾いているという気分になることが第一義になっている。クララのケガはきっかけに過ぎまい。だから単にオクターブ下げただけという代物ながら立派に編曲の位置づけにある。自分が満足できるシャコンヌをピアノで再現したいという欲求だ。

 

 

« シャコンヌとヨアヒム | トップページ | ある日の残高 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立場の違い:

« シャコンヌとヨアヒム | トップページ | ある日の残高 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ