ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シャコンヌのオルガン編曲 | トップページ | どうした風の吹き回し »

2019年7月12日 (金)

シャコンヌの花束

ブラームスがピアノ左手1本用に編曲したバッハのシャコンヌを知るずっと以前から、大好きな曲だった。シェリングのLPをお年玉をはたいで買い求めた中学時代から、ずっと好きだったこともあって、我が家にはかなりCDが所蔵されている。本日は録音年代順にそれを示す。

  1. 1942 Bronisraw Huberman 14歳の時ブラームスの前で協奏曲を演奏した人。ひとまず話のタネに。
  2. 1948 Georges Enesco いろいろ突っ込みどころが多くて楽しい。
  3. 1950 Zino Francescatti  蝶が舞うようなポルタメントがときどき。
  4. 1952 Jascha Heifez キレッキレ。
  5. 1955 Henryk Szeryng スタンダードに先行するが十分魅力的。
  6. 1957 Yehudi Menuhin う~ん。
  7. 1960 Arthur Gumiaux 透明感あふれる。
  8. 1960 Josef Szigeti シゲティ好きとしてははずせぬ。
  9. 1967 Henryk Szeryng 最初に買ったシャコンヌ。当時はLP。
  10. 1970 Josef Suk 充実の作品解説。
  11. 1973 Mathan Milstein よかよか。
  12. 1974 Leopold Stkowski(Orch) 編曲者本人の指揮。録音時92歳。
  13. 1974 Felix Ayo イムジチのコンマス。
  14. 1975 Gustav Leonhardt 演奏者本人によるチェンバロ編曲。ト短調。
  15. 1976 Salvatore Accard  実は地味に気に入っている。
  16. 1980 Gidon Kremer 流れよりも言いたいことが優先。
  17. 1981 Sigiswald Kuijken バロックヴァイオリンの大家。充実の作品解説。
  18. 1981 Ruggiero Ricci 突っ込みどこ満載で楽しい。 
  19. 1985 Karl Suske 気に入っている。
  20. 1987 Itzak Perlman 意外に普通。
  21. 1990 Seiji Ozawa (Orch) arr Hideo Saito オケ編曲。
  22. 1993 Christian Tetzlaff キビッキビのジークがいい。
  23. 1993 Viktoria Mullova 古楽器かと思ったくらい。
  24. 1993 Skipi Sempe チェンバロ。
  25. 1994 Benjamin Schmid(mit pf)arr.R.Schumann この人原曲の前にこれを録音!
  26. 1994 Louis Demetrius Alvenis(pf)arr.Brahms ただ一人「5つの練習曲」全曲収録。
  27. 1995 Vito Petersoster(Vc) チェロがうまいのだとは思うが・・・・・。
  28. 1995 Detref Klaus(pf)arr.Brahms ブラームス版ではもっとも好き。
  29. 1996 Anator Ugorski(pf)arr.Brahms
  30. 1997 Hilary Hahn 録音時17歳。JKのシャコンヌ舐めるべからず。
  31. 1998 Rudolf Gaehler(baroqueVn) 曲弓での演奏。
  32. 1999 Benjamin Schmid やっと伴奏抜き。
  33. 1999 Eliot Fisk ギター版。
  34. 1999 Rachqael Pogder(baroqueVn) 癒し系。
  35. 2000 Nobuko Imai(Va) チェロで弾かれるよりよい。
  36. 2000 Christoph Poppen  合唱付きもあるよ。
  37. 2000 Tomoko Kato  実は気に入っている。
  38. 2001 Marie Josef Jude(pf)arr.Brahms 
  39. 2003 Rainer Kuechl 鍾乳洞の中で演奏してるみたい。
  40. 2004 Mayako Sone チェンバロ。
  41. 2004 Julia Fischer ピアノもすごいらしい。
  42. 2005 Urara Sasaki(pf)arr.Bousoni ブラームス編に比べると派手。
  43. 2006 Antoine Tamestit(Va) パルティータ2番全曲です。ヴィオラ版最上。
  44. 2006 Sigrid Kuulmann フィンランドの女子。よか。
  45. 2007 Janine Jansen むしろ併録のインヴェンションがいい。
  46. 2008 Alina Ibragimova 二刀流女子。
  47. 2008 Helene Grimaud (pf)arr.Bousoni ブゾーニ編曲の割にはしっとり。
  48. 2009 Isabelle Faust 今を時めく。
  49. 2009 Ludvico Tramma(mit pf)arr.Mendelssohn あっと驚くメンデススゾーン編。
  50. 2009 Kristof Bratti ドイツの若手らしい。
  51. 2010 Sigrid Kuulmann エストニアの女子。実は気に入っている。
  52. 2010 Sayaka Shoji 女子の時代。
  53. 2014 Enrico Onofri ブックレットがブラームスに言及。
  54. 2014 Markku Luolajan Mikkola(Baroque Cello) チェロで弾かん方がいいかも。
  55. 2014 Jean Roneau ブラームス編をチェンバロで!
  56. 2015 Minako Tsukatani オルガン版!

おバカなコレクション。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

« シャコンヌのオルガン編曲 | トップページ | どうした風の吹き回し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャコンヌの花束:

« シャコンヌのオルガン編曲 | トップページ | どうした風の吹き回し »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ