ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 思った通り | トップページ | 編曲の範囲 »

2019年7月30日 (火)

もう一人の候補者

1890年、ルスト未亡人の所有していた無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータの手稿譜を、ブラームスが出版を前提に友人と共同で買取を画策したことを話題にした。その友人をジムロックではないかと昨日書いたばかりだが、もう一人候補者がいる。「バッハ伝」の著者で友人のフィリップ・シュピッタだ。

1890年6月16日にシュピッタからブラームスにあてた書簡の中に、同手稿譜についての言及がある。内容までは不明だが、タイミングはピタリである。「ウィーン写本」と表記されている、これに対するブラームスの返信が残っていないなど謎も多く、まだまだ確認も必要だ。

「バッハ伝」第二巻の刊行が1879年、バッハ協会による旧バッハ全集の刊行が着々と進む中、シュピッタとブラームスの間で、シャコンヌを含む無伴奏ヴァイオリン作品が話題となったことは確実だ。

 

 

 

 

 

 

« 思った通り | トップページ | 編曲の範囲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一人の候補者:

« 思った通り | トップページ | 編曲の範囲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ