ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« はやはや一年 | トップページ | 通説を疑う »

2019年8月21日 (水)

キールより愛を込めて

みすず書房刊行の原田光子訳「ヨハネスブラームス・クララシューマン友情の書簡」という本の226ページに、左手版シャコンヌをクララに贈った際に添えられた手紙が訳出されている。一昨日その全文を紹介した。本日は同書の227ページに記載されたそれに対するクララからの返信を抜粋して紹介する。

7月6日キール
 最愛のヨハネス。ここで私を待っていたのは素晴らしい驚きでございました。まあ何と言う不思議なことでしょう!ちょうど私は着いてすぐ机の引き出しをあけようとして、右手の筋を痛めましたのでシャコンヌは本当によい隠れ家でございました。あなただけにしか書けない作品、そして私がことに非凡だと思うのは、ヴァイオリンの効果をそのまま出しておいでのことです。どうしてお考えになられたのでしょうね。それが本当に不思議に思われます。私の指が終わりまで支えきれないのは事実です。同じ音が繰り返し奏せられるところにくると、つっかえてしまって、右手が助けに出たくなります。それ以外は別に克服しがたい難解さはありません。そして大きな楽しみです。
クララのおメガネにかなったことは間違いない。何よりも褒められているのはその着想だろう。クララをもってしても右手で手伝いたくなるとはほほえましい限りだ。
同じ手紙の後半で、イタリアの貴族に嫁いだ三女ユーリエの子どもが急死した事が報告されているが、まず作品への感謝と評価を忘れない健気なクララだ。

« はやはや一年 | トップページ | 通説を疑う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キールより愛を込めて:

« はやはや一年 | トップページ | 通説を疑う »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ