ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« とんとご無沙汰 | トップページ | 1%クラブ »

2019年9月19日 (木)

壮行会

少し出所の怪しい話だから、鵜呑み厳禁で。

1854年2月27日ロベルト・シューマンは自らライン川に身を投じた。その後エンデニヒの病院に収容される。そしてクララは6月11日にフェリクスを出産する。夫が入院し7人の子供を抱えたクララは、その秋の演奏会シーズンから演奏旅行を企てる。1854年9月13日つまりクララ35歳の誕生日はその準備の最中にやってきた。ヨアヒム、レーザー夫人、アルバート・ディートリッヒ、ユリウス・オットー・グリムそしてブラームスが集まってクララの誕生日を祝った。これは2月27日にロベルトの投身を知って駆けつけたメンバーである。

仕切ったのは相変わらずデュッセルドルフ住まいのブラームスだ。クララを驚かせるために、長女マリーと次女エリーゼにピアノを指導した。彼女らの演奏がその日のパーティーの目玉になった。このときマリー13歳で指導したブラームスは21歳だ。中学生と家庭教師のお兄さんくらいな感じである。

クララはこの1ヶ月後、10月14日から長い演奏旅行に出る。子供たちの養育費、ロベルトの療養費など自らの手で稼がねばならない。この時の誕生パーティーは旅立つクララへの壮行会と位置づけて良い。幹事はブラームスである。

 

 

« とんとご無沙汰 | トップページ | 1%クラブ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壮行会:

« とんとご無沙汰 | トップページ | 1%クラブ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ