ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 時刻表どうなる | トップページ | 家持忌 »

2019年10月 4日 (金)

シューマン全集

ロベルト・シューマンは生前1851年に、もし自分の身に何かが起きたらという用心のために、遺作として残された楽譜の出版を誰と相談するべきかをクララに書き残していた。従順な妻クララではあったが、結果としてこの件に関してはロベルトの遺志には従わなかった。シューマン全集の刊行にあたりクララが相談を持ちかけた相手は2人だ。ブラームスとヨアヒムである。シューマンの支持者は少なくなかったが、クララは「あなた方以外は信用できません」とばかりにブラームスとヨアヒムに全幅の信頼を置いた。

ブラームスが自作の草稿をことごとくクララに送って批判を仰いだように、クララは校訂譜の全てをブラームスに送って意見を求めた。刊行された楽譜は全責任をクララが負うという体裁になっていたが、合唱作品、室内楽及び管弦楽においてはほぼ全面的にブラームスの意見が採用されているという。

1881年あくまでクララの校訂とされた「ロベルト・シューマン全集」が、ブライトコップフ社から刊行された。ブラームスも深く作業に関わっていたために、クララはブライトコップフ社からの報酬の半額を受けとるよう説得したが、ブラームスはこれを固辞した。いやいや渋い。

« 時刻表どうなる | トップページ | 家持忌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマン全集:

« 時刻表どうなる | トップページ | 家持忌 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ