ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 2つのピアノ協奏曲 | トップページ | 10000マルクの寄付 »

2019年11月 6日 (水)

クララの洞察

音楽之友社刊行の作曲家◎人と作品シリーズの「ブラームス」の中、192ページに興味深い記述がある。ブラームスの後期ピアノ小品についてのクララの見解だ。以下に丸ごと引用する。

後期のこれらのピアノ小品集に関して、クララは日記の中でこのように語っている。「これらの作品は達者な指の技術という点では難しくないが、知的な技術の点でははっきりとした理解力を必要とする。ブラームスが思っていたとおりのことを表現するには、彼のことをよく知っていなければなりません。」この小品の音の内側に込められた。ブラームスの内面性の重みをクララはよく知っていたのである。含蓄が深い。

あくまでもクララのレベルから眺めての話である点割引も必要だが、単に指が回るだけではダメだと言っているのだ。

「彼-ブラームス-を良く知らなければならない」とはいったい何だろう。ブラームスの伝記的事項や作品の生まれた時代背景、あるいは当時のブラームスの事情にまで知識を広げておいてもけして無駄にはなるまい。クララの記述にこうした点も含まれているとは思うが、一番言いたいことは、作品への理解だと思う。

良い言葉がある。

譜読みだ。クララはここでは、「譜読みそのもの」と、「譜読みの結果を音に転写する技術」を分けて考えていると思う。「譜読みの結果を音に転写する技術」が「達者な指の技術」に相当する。それはそこそこでいいから、譜読みを通じてブラームスの内面を思いやれと言っていると感じる。

「譜読み完璧、指回らず」の演奏を闇雲に擁護するつもりは毛頭無いが、覚えておきたいエピソードである。

 

 

 

 

« 2つのピアノ協奏曲 | トップページ | 10000マルクの寄付 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クララの洞察:

« 2つのピアノ協奏曲 | トップページ | 10000マルクの寄付 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ