ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ハンブルクのシューマン夫妻 | トップページ | 署名漏れ »

2019年12月12日 (木)

水泳療法

「おばあちゃんからの手紙」という本に興味深い記述があった。ここで言う「おばあちゃま」はクララ・シューマンで、手紙を送られたのはクララの3男の長女ユーリエだ。

クララはユーリエに細々としたことを書き送る。「水泳は16度以上で」「お医者様の指示に従って」と書かれている。体育の授業の話ではなさそうだ。何らかの病気に対する治療の一環だ。さらに興味深いのは「ユーリエ叔母様もそうしたが首尾は良くなかった」と書かれている。ここでいう「ユーリエ叔母様」とはクララ本人の三女「ユーリエ」だ。孫娘ユーリエは早世したクララ自身の三女の名前にあやかった命名だ。

元々病弱だったユーリエが結婚後の子供を2人産み、体調がすぐれぬ中「水泳療法」が施されたことを強く伺わせるものだ。それにしても「16度」という水温には驚かされる。治療の目的は明らかにされていないが無謀な気がする。捻挫ややけど以外冷やして良いことなんぞあり得ないと思うがいかがなものか。海開きのニュースでは、20度の水温でも「冷たい」と表現される。

 

 

 

 

 

 

« ハンブルクのシューマン夫妻 | トップページ | 署名漏れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水泳療法:

« ハンブルクのシューマン夫妻 | トップページ | 署名漏れ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ