ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 賛辞 | トップページ | 課外授業 »

2019年12月17日 (火)

財産管理の前任者

ブラームスが友人で経営者のフリッツ・ジムロックに財産管理を任せていた話はよく知られている。そうした管理の委託は、ジムロックが父親からジムロック社の経営実権を譲られた1870年以降だと思われる。

ブラームスの楽壇デビュウは1854年前後と見てよいから、そこからジムロックに財産管理を委託するまでの間、預貯金の管理を誰がしていたのかという疑問が湧く。

驚いたことに、どうもそれはクララらしいのだ。少なくとも1860年代中葉まで、ブラームスは演奏会や楽譜の刊行により獲得したお金を、クララに送っていたのだ。演奏会切り盛りや、日常のこまごまとした出費についてクララに相談を持ちかけている。金庫番をクララにお願いしていたようだ。やがてブラームスの地位が磐石になってゆくにつれて、お金の出入りも多くなり、預金管理という仕事自体が手間隙かかるものになっていった。演奏旅行に忙しいクララにとっても負担になることを配慮して、ジムロックに移管したと考えられる。

« 賛辞 | トップページ | 課外授業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財産管理の前任者:

« 賛辞 | トップページ | 課外授業 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ