ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドレスデナー | トップページ | ブラームスの悪評 »

2019年12月 4日 (水)

お下がりのピアノ

1840年ロベルトとクララの結婚を機に1台のピアノが2人に贈られた。ウィーンのコンラート・グラーフ社が1839年に製造したピアノだ。1853年10月1日デュッセルドルフのシューマン邸を訪れたブラームスが、2人の前で弾いたのは、このピアノだと思われる。

1856年4月クララは入院中のロベルトを残して単身で渡英し3ヶ月に及ぶコンサートツアーに出た。7月に帰宅したクララにパリのエラート社が最先端のピアノを贈った。エラート社は1820年代にダブルエスケイプ機構という現代ピアノにも通ずる最先端技術を持ってピアノ界を席捲していた。ショパンもリストもメンデルスゾーンもエラート社製ピアノを評価していたという。ブラームスのピアノ協奏曲第1番がハンブルクで初演されなかったのは、エラート社製のピアノが調達出来なかったからという指摘もあるほどだ。

ロベルト・シューマンの妻にして当代屈指のピアニストにメーカーが自社製品を提供するのは、自然なことにも思える。ロベルト・シューマンの没する直前にもかかわらずクララはこれを受けたと思われる。

最先端のエラートを手に入れたクララは、新婚時代から愛用していたコンラート・グラーフ社製造のピアノを、ブラームスに譲った。ハンブルク近郊のハムの下宿に運ばれたようだ。1862年のウィーン進出にあたって、ブラームスはこれをハンブルクに残した。1871年のウィーン万博では「シューマンのピアノ」として展示され、会期終了後ブラームスはウィーン楽友協会に寄贈し、現代に伝えられた。

このときロベルトは既に入院中だったから、新婚時代の愛用のピアノをブラームスに譲るという判断は、クララが単独で下したと思われる。

« ドレスデナー | トップページ | ブラームスの悪評 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お下がりのピアノ:

« ドレスデナー | トップページ | ブラームスの悪評 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ