ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 令和百人一首08 | トップページ | 令和百人一首10 »

2020年1月22日 (水)

令和百人一首09

【017】在原行平

 旅人は袂涼しくなりにけり関吹き越ゆる須磨の浦風

【018】在原業平

 世の中に絶えて桜の無かりせば春の心はのどけからまし

【コメント】「兄弟歌合わせ」である。まずは兄の行平から。「袂」の読みから入る。「たもと」と読む。本来は肘から手首にかけての身体の部位を指すが、転じて「衣の袖」の意味になったという。説明不能ながら大好きな言葉で「令和百人一首」初出。さて摂津と播磨の国境をなす須磨には関所があった。関所は旅人の行き来を制限する。自由な行き来は出来ないのに風だけは越えて行くと嘆く。貴人が都から離れて蟄居する土地だったことも考慮されているらしい。源氏物語において「行平の中納言、関吹き越ゆると言ひけむ浦波」と言及されて名高い。弟は業平。伊勢物語の作者ではないかと古来取り沙汰されてきた。「伊勢物語」は和歌への題材供給の観点から源氏物語と双璧をなす。容姿端麗な上に歌才もある。「世の中に絶えて桜の」と大上段に振りかぶる気品とユーモアが微笑ましい。

« 令和百人一首08 | トップページ | 令和百人一首10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和百人一首08 | トップページ | 令和百人一首10 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ